アンチエイジング

仙薬で知られる高麗人参

古来から受け継がれている伝統の食材…そう聞くと興味がわき、食べてみたい、と思いますが、その効能などに関しては疑ってしまうのも無理はありません。
この医療が発達した現代において、昔に体に良いとされていた食材は今の私たちが食べて果たして効果はあるのだろうか、と考えてしまうからです。
しかし、昔から受け継がれている食材の中で、今の私達にも確実に良い効果を齎している食材はあります。

いわば「仙薬」とされてきた食材の中に、「高麗人参」はあります。
高麗人参が仙薬とされてきた理由は、古代の中国などにおいて、この高麗人参が多くの人に食べられ、健康を保つのに欠かせないとされていた食材だからです。
今でもその風習は残り、中国だけでなく日本や韓国などでも料理に使われ、食材としての信頼性の高さを示してきました。

高麗人参が仙薬とされている理由は、この食材がサポニンなどの有用な成分を多く含んでおり、それらが病気の予防や疲労の回復、肥満予防やダイエットにも繋がる成分であるからです。
高麗人参の中でも、「紅参」と呼ばれる加工方法は、皮を残すことによって、その栄養分をより効率的に摂取できる方法です。
仙薬と呼ばれている高麗人参を上手に活用していきましょう。